ミノキシジルという成分が入った育毛剤

ミノキシジルという言葉を聞いたことがあるという人はいるでしょうか?このミノキシジルというのは育毛効果が高い成分として知られていますが、長い間日本では医薬品として取り扱われていたため、一般的な育毛剤には配合することが出来ない成分となっていました。

もともと血管拡張剤として開発されたお薬で、主に高血圧の治療薬として飲まれていたお薬です。ですが、このミノキシジルを飲んでいた高血圧症の患者さんに薄毛が改善した、発毛したという声が多く聞かれたことから、発毛効果がある成分として開発がすすめられたという経緯を持つ成分です。

このミノキシジルが入った育毛剤として1999年に発売されたのが大正製薬のリアップという育毛剤です。日本では現在ミノキシジルが入った育毛剤として一般的に入手可能なのは、このリアップのシリーズのみとなっています。

リアップはそのため第一類医薬品となっているため、薬剤師さんが対面で説明を行いながら販売をするというスタイルで販売されています。副作用もあると言われている育毛剤となっていますので、ミノキシジルが入った育毛剤を使いたい場合には、薬剤師さんがいる薬局で購入をする必要があるということになります。

コメントは停止中です。