昔の迷信で猫が顔を洗うと雨が降る

春の連休が過ぎ去ろうとしています。
私は相変わらず出掛けると混雑しているのがおっくうで出歩くとこを避けています。

と、同時に毎年この時期にはハーブたちの世をするので忙しくなります。
庭の手入れで汗を流していますが、日焼けが気になります。

日焼け止めクリームを塗ると肌に合わないようでカサカサしてしまいます。

私は色が白い方で日に焼けると赤くなってしまい、そのあとのシミそばかすがとても目だってしまう方です。
美人とは言いがたい(涙)私でも気になります。

そんなわけで仕方なく塗っていますがいまいち効果がわかりません。
ちょっと赤くなって焼けています。

汗をかいて塗り直さないとやっぱりダメですね。

この時期はハーブだけでなくバラたちも元気。
きれいな花を咲かせています。

日中はとてもよく晴れているのに午後になると雨降りになったりします。

そんなときに昔の迷信で猫が顔を洗うと雨が降ると言いますね。
うちには猫が二匹いますがふっと猫を見ると、二匹とも顔をナメナメしているではありませんか!

外をみるとちょうどポツポツと雨が降ってきました。
迷信かと思いきや、本当のようです。

ちなみに何でなのか?
気になってネットで調べてみたところ、どうやら湿度が高くなって猫の髭が反応し、顔を洗うようです。
なるほどね。

http://www.thereserveholmbyhills.net/

コメントは停止中です。